ラスコー国際洞窟壁画センター

ドルドーニュ/フランス

フランス西南部ドルドーニュ県に位置するラスコー洞窟は、1979年にユネスコ世界遺産に登録された20世紀で最も重要な考古学的発見の1つです。発見された壁画は、その数と絵の感性からみて先史時代の芸術の傑作であり、この洞窟は国際的に認められた主要な観光地となっています。


現在洞窟は保存のため立ち入り禁止となっていますが、2016年12月に新しいラスコー国際洞窟壁画センター(ラスコーⅣ)がオープンし、洞窟が完全に再現されました。世界中から来る訪問者は、建物内に再現された洞窟を通り抜けながら、先史時代のの壁画を鑑賞することができるようになりました。

Lascaux interior

設計事務所カッソン・マン(Casson Mann)とランドスケープデザインを得意とするスノヘッタ(Snøhetta)とSRAアーキテクトによる建物は、ラスコーの丘の下にあり、半ば地中に埋没したような建築とランドスケープを一体化させた設計で、周囲の風景や山腹の岩石層に自然に溶け込んでいます。


洞窟のレプリカの一つ「システィーナ礼拝堂」と呼ばれる空間では、没入型体験を楽しむことができます。

Replica of the Lascaux cave
Replica of the Lascaux cave

併設するミュージアムショップは、この複合施設で非常に重要な場所です。ラスコーについて学びたい、または単にお土産を持ち帰りたいというすべての訪問者にとって必見です。


世界中の美術館や文化的スペースで多くの納入実績を持つUSMハラーは、特にフランスでは、建築家やプロジェクトの意思決定者にとって自然な選択になっています。

Parietal Art Center of Lascaux with USM Haller white furniture
furniture blending white USM Haller display cases and shelves in a museum shop

USMハラーは、用途や製品の種類に合わせて適切なサイズや形が選べ、また店舗の変化に適応させながら拡張や変更ができる機能を保持しています。その時代を超越したタイムレスなデザインと完成された品質により、長期に渡る使用に耐えることができるため、公共・商業施設等での採用に最適です。

USM Haller furniture for museum shop
USM Haller white shelves with modular display cases

建物のエントランスでは、開放感とクリーンな印象のためにピュアホワイトのUSMハラーが採用され、オリジナルのレセプションエリアを構成しています。オフィスでは、親しみと活発さをもたらすためにピュアオレンジのUSMハラーの収納家具が選ばれ、十分な収納力と空間を仕切るパーティションの役割を担っています。

Orange USM Modular furniture room dividers

USMハラーを使用したディスプレイおよびレセプションエリア用の家具のご相談は、USMまたはUSM正規販売代理店までお気軽にご連絡ください