アントニオ・ティラボスキ図書館

ベルガモ/イタリア

建築家のマリオ・ボッタが設計したアントニオ・ティラボスキ図書館(Antonio Tiraboschi Library)の建設が完了したのは2004年のことです。


世界中のボッタの多くの建物に見られる特徴は、この図書館にも見られます。幾何学的形状で、レンガの外壁に整然と配置された開口部は、光を通すには狭いながらも内部では見事に採り込んだ光を分散しています。

Tiraboschi Library
Tiraboschi Library

図書館は、イタリア、ベルガモ市内の中心部にあります。総面積3,200平方メートルの5階建てで、読書スペースとワークステーションが500、マルチメディアターミナルが50、その他保管や管理に関連するスペースが備わっています。

USM Haller tables in Tiraboschi Library
USM Haller grey reception

光と空間

建物の中心にあるレンチキュラー状のコートヤードは、居心地の良い明るい空間です。マリオ・ボッタによると、光はこの建物の重要な要素です。日中は、天井照明による光だけでなく、1階から最上階までガラス張りの面があるおかげで、コートヤードには光が十分に入ります。


建物で最も重視されたのは、このコートヤードです。全ての光は、エネルギーの源に向かうように建物のまさに中心にあるこの場所に収束し、図書館の真髄でもある集中力が最も高まる心地よい雰囲気を作り出しています。

USM Haller grey bookshelves in library
Tiraboschi library interior view with USM Haller tables

この厳格な立方体は、外観からはそこで光輝くエネルギーを垣間見ることができません。 密閉された外観の巨像が都市空間に立っているかのようです。 美術館、教会、図書館など、多くの公共建物で名を馳せたマリオ・ボッタは、そうしたすべての公共施設は、人々の幸福のために必要であると考えています。ベルガモのこの図書館もまた、知識と読書を熱望しているすべての訪問者の宝となっていくでしょう。

Tiraboschi library with USM Haller tables and storage
Tiraboschi library with USM Haller tables and storage

図書館のオープンスペースは、打ちっぱなしの大きなコンクリートの柱によって区切られています。 ゴンドラ棚の設置された読書スペースは、メープルのフローリングの床、木製の天井、白い漆喰の壁で、クリアな印象の内装です。


図書館のテーブルと書棚のために、建築家は、そのモジュール性と高い安定性の両方に納得のいくシステムとしてUSMを選びました。ティラボスキ図書館では、マリオ・ボッタは、十分な耐久性のあるこのシェルビングシステムの直線的な形を高く評価しています。

Tiraboschi library interior

図書館のためにカスタマイズした家具のデザインをご検討の際は、USMの専門スタッフまたは正規販売代理店にお気軽にご相談ください