白い家具を使ってリビングルームを一新しましょう。

照明、スペースおよび雰囲気の三つは、生活の中に増やすことで多くの人にメリットをもたらすことができる要素です。白のリビングルーム家具は、この三つすべてが豊富にあるかのようなスペースづくりに役立ちます。その結果、心地よい穏やかさと無理のない上品さを持つ雰囲気が生まれます。

モダンなリビングルームに設置したUSMハラープラスチック収納(メタル)

自然光の少ない部屋に最適な家具

白の家具は自然光がなかなか入らない部屋では特に効果的なツールです。


最も効果的に見られるのは、他の家具も白い色を選び、引き立たせる方法です。かといってスペース全体を白一色にしなくてはならないという意味ではありません。そうではなく、少ない家具を戦略的に配置すればそれで十分です。ラジエーター、植木鉢またはラグマットがあればこと足りることが多いのです。それで足りなければ、白いソファまたはフィーチャーウォールを足せばインパクトが生まれます。部屋全体を白に塗る必要がある時は、黒、グレイまたは明るめの色を取り入れることで効果が消えすぎないようにしましょう。

白いリビングルームに設置したUSMハラープラスチック収納 ※)Vinyl

スペースと風通しのよさを作る

白の家具は単に照明を最大限活用するためのツールではありません。白い家具を使って、リビングルームに広々とした風通しのよいスタイルを作ることもできます。照明を最大限生かすこと考えることで、白の家具は清潔で普遍的なモダンな雰囲気を作るだけではなく、贅沢なスペースがあるという印象を生みます。


 

白いリビングルームに設置したシェルフ付きUSMハラーテレビユニット

一つひとつの白い家具が、開放的で無理なく穏やかになるという感覚を生みます。本、CD、レコード、ご家族全員のコレクションを入れるUSM ハラーはまさにこの機能を果たします。このほかカラフルな収納物とは好対照をなす様式も形作ります。オープン収納とドア付きの収納の両方が組み込まれた壁面収納、あるいは白のテレビユニットなどの大型家具を使って、こうした効果を最大限に利用しましょう。白の家具に上品さをプラスする素材はガラスです。最も貴重な持ち物をガラスのショーケースに入れて、この相乗効果を最大限に生かしましょう。

ダイニングルームの上部に設置されたUSMハラーレコード収納用メディアキャビネット

USMハラー(白またはほか13色のカラーバリエーション)を使ってオリジナルの家具をデザインすることができますので、公式ホームページ上の3D作図ソフト『コンフィギュレーター』でお好みのデザインを試してください。USMの専門スタッフもしくは正規販売代理店にご相談も可能です。オンラインショップから人気の形の定型品をご購入できます。

USMハラーメディアキャビネットを活用して建築物を展示するEdとBarbra Parker