拡張できるライブラリー:ご自宅にぴったりのライブラリーをデザイン

素晴らしいホームライブラリーは本の収納スペース以上の存在感を出します。きちんと作れば、家の中心的なデザインとなり、そこでくつろぎ、読書や学習をし、現代生活の喧騒から逃れることができます。こうした安らぎの場所に適した環境作りは、それぞれの好み、スペースの有無、ご家族のニーズによって決まるものです。おそらく最も重要なことは、本やコレクションの追加、改装、引っ越し、生活していく上でのさまざまな変化に合わせて変えられるという点です。

リビングルームに設置したシェルフと引き出し付きUSMハラーサイドボード(イエロー)

検討すべき点:照明とスペース

ライブラリーを置く部屋の特徴について考えることはとても大切です。


通常、自然光の程度、部屋の形状、柱などの大型の構造的特徴は変更することはできません。部屋に自然光がたくさん入るなら、明るい色で部屋を明るくしライブラリーをオープンシェルフにすることがおすすめです。ただし、太陽光が直接当たることで本の背が色あせしないよう気を付けてください。自然光があまり入らないなら、人工照明の取り入れ方について慎重に検討しましょう。一つの選択肢として、照明がチューブ内に組み込まれたUSMハラーEがあります。ライブラリーの環境に合わせて、深くて心地よく柔からな光「ウォームホワイト」または若干明るい照明「コールドホワイト」のいずれかから照明の「カラー」を選ぶことができます。


実際に利用できるスペースについて検討することも重要です。壁面がほんのわずかで収容ニーズがかなり大きいなら、容量を最大限にするためシェルフを使い、幅の広いシェルフを選んで余分な縦のスペースを減らしましょう。空間が増えると遊び心のあるデザインが可能になり、オープンシェルフまたは、机のついた組込み型の書斎を作ることができます。

パイン材フローリングのリビングルームに設置したUSMハラー収納シェルフ(イエロー)

検討すべき点:収納およびディスプレイ

ライブラリーには本、ファイル、アートやオブジェをすべて収納しディスプレイするスペースが必要です。ほとんどのコレクションには、文庫本からハードカバーの大きな豪華本、こまごました小物から大きめの花瓶や代々受け継がれた家宝まで、さまざまなサイズの本および物が含まれるでしょう。シェルフは雑然と見えないようにあらゆる物を収納する十分なスペースがあるようデザインしますが、スペースが空っぽに見えるほど余裕がありすぎてもいけません。


本やコレクションは常に変わりますが、今後の購入に備えることも絶対必要です。十分なスペースを組み込むことが用意周到に準備するための一つの方法です。USMハラーは、簡単にシェルフを追加または購入後に組み替え可能なモジュラーシステム作られています。ですからコレクションが大幅に増えたら、増えた分を収納できるようシェルフを追加できるのです。

白い壁のホームライブラリに設置したUSMハラー引き出しと本棚(ホワイト)

検討すべき点:シェルフのカスタマイズ

オープンシェルフは単なるグリッドシェルフ以上の機能を発揮できます。整頓し別の場所にスペースを確保できるよう追加用の収納部品を組み込みましょう。たとえば、可動式のブックエンドを使えば、新しい本をシェルフに追加するのに合わせてシェルフを素早く簡単に変えることができます。機密文書や貴重品用に鍵付きのドアや引き出しのついた自分用の収納を組込みましょう。


シェルフや他の家具の色の選択に関しては、現在の内装を引き立たせるように選ぶか、他のデザインに合わせて選ぶかいずれかが可能です。白は洗練されエレガントで間違いのない色です。将来、何度改装を行っても合わせることができます。住宅のホームライブラリーには、ゴールデンイエローなどの大胆な色が、家族全員が楽しめる遊び心のある雰囲気を作り出すこともあります。


USMハラーとオプションアイテムを組み合わせてホームライブラリーを作りましょう。公式ホームページ上の3D作図ソフト『コンフィギュレーター』を使って家具をデザインするか、ご自宅に最適なデザインについてUSMの専門スタッフにご相談ください。または、公式オンラインショップから定型品のユニットをご購入いただけます。