拡張できるホームライブラリー

ご自宅にぴったりのライブラリーをデザインてみましょう。

充実したホームライブラリーは本好きの方には理想的な空間でしょう。特別本好きではなくても、きちんとした本の収納スペースがあれば、お部屋もすっきり片付けることができるでしょう。ホームライブラリーは、きちんと作れば、家の中心的なデザインとなり、そこでくつろぎ、読書や学習をし、日々の喧騒から逃れることができます。こうした安らぎの場所に適した環境作りは、ご家族それぞれの好みやニーズ、スペースによって決まるものです。おそらく最も重要なことは、本やコレクションの追加、リフォーム、引っ越しといった、生活していく上でのさまざまな変化に合わせて変えられるという点です。

リビングルームに設置したシェルフとUSMハラーサイドボード(イエロー)

検討すべき点:照明とスペース

ライブラリーを置く部屋の特徴について考えることはとても大切です。


通常、自然光の程度、部屋の形状、柱などの構造的特徴は変更することはできません。部屋に自然光がたくさん入るなら、オープンシェルフでライブラリーを作ることがおすすめです。ただし、太陽光が直接当たることで本が色あせしないよう注意が必要です。自然光があまり入らないなら、人工照明の取り入れ方について慎重に検討しましょう。一つの選択肢として、照明がチューブ内に組み込まれたUSMハラーEでブックシェルフを作ることをお薦めします。お部屋のの環境に合わせて、温かみがあり柔からな光の「ウォームホワイト」または自然光に近い「コールドホワイト」のいずれかから照明の「カラー」を選ぶことができます。


実際に利用できるスペースについて検討することも重要です。壁面に合わせたモジュールを選び、オープンシェルフまたは扉をつけて見せる収納と見せない収納をミックスさせたり、シェルフの一部をデスク仕様にしたり、開けると簡易型のデスクになるドロップダウンドアを付けるなどして、組込み型の書斎を作ることもできます。

フローリングのリビングルームに設置したUSMハラーシェルフ(イエロー)

検討すべき点:収納およびディスプレイ

ライブラリーには、本やファイルだけでなく、アートやオブジェなどもディスプレイしたいものです。そこには、文庫本からハードカバーの書物、こまごました小物から大きめの花瓶や代々受け継がれた家宝、長年かけて収集したコレクションやとっておきのお気に入りのものなど、さまざまなサイズや種類の物が含まれるでしょう。シェルフは雑然と見えないようにあらゆる物が収納できるよう十分な容量を考慮してデザインする必要があります。


本やコレクションは常に変わりますが、今後の購入に備えることも絶対必要です。USMハラーは、購入後に追加や組み替えが可能なモジュラーシステムなので、コレクションが大幅に増えたら、増えた分を収納できるようシェルフを拡張できるのです。

白い壁のホームライブラリに設置したUSMハラーの本棚(ホワイト)

検討すべき点:シェルフのカスタマイズ

オープンシェルフは、たとえば、可動式のブックエンドを使って本を整理したり、アングルシェルを取り入れて本をディスプレイしたり、貴重品用に鍵付きのドアや引き出しを付けたりして、自分用のシェルフにカスタマイズすることができます。


シェルフ色の選択に関しては、白は洗練されたエレガントで間違いのない色です。将来、何度改装を行っても合わせることができます。ゴールデンイエローなどの大胆な色は、家族全員が楽しめる遊び心のある雰囲気を作り出せます。


USMハラーとオプションアイテムを組み合わせてホームライブラリーを作ってみましょう。公式ホームページ上の3D作図ソフト『コンフィギュレーター』を使ってご自身で家具をデザインしてみるのもお勧めです。デザインに迷ったら、ご自宅に最適なデザインについてUSMまたは最寄りの正規販売代理店の専門スタッフにご相談ください公式オンラインショップでは、定型品のユニットをご購入いただけます。