アルデッツ渓谷の伝統的な住宅

歴史のある伝統的な家に適した家具を見つけることは難しいものです。そのため、それに合うようにアンティークの家具にこだわるのも魅力的です。しかし、モダンな要素を取り入れて、伝統的なスタイルと現代世界との懸け橋を作ることが最良のアプローチとなるかもしれません。


アンティークな空間に、モダンな家具やコンテンポラリーなデザインの家具を合わせて、新鮮な新しい感覚を取り入れてみましょう。ダークウッドの床に滑らかな金属製の家具、石やレンガ造りの壁の横に柔らかいソファなど様々なテクスチャや素材のものを取り入れることが有効的です。

オーストリアとイタリアの国境からさほど遠くない、スイス・エンガディン渓谷の下流に、ミラベルプラムやアーティチョークを栽培するための肥沃な土地に恵まれた歴史あるアルデッツ村があります。その中心にあるフォン・プランタの敷地には、典型的な レデュイ (近代ヨーロッパ初期に多く存在した要塞の一種)が今もなお残存しています。1642年に建てられたその建物は、何世紀にもわたる変化に耐え、後にNot Vitalの手に渡るまで60年間人の手が入らない状態にありました。

クラシックなインテリアデザインにオレンジのUSMハラーサイドボード

Vitalは、2005年に"ちょっとした"改装のために、この地域特有のスタイルの家屋における専門家である兄Duriにこの敷地全体を託しました。二人は、建物の歴史的な側面を維持するとともに、そこに21世紀のテイストをもたらすことについて真剣に取り組みました。彼らは地元の歴史的建造物保存団体と連携しつつ、地中熱ヒートポンプ、ハイテクキッチン 、そして最新式の近代的な浴室を導入しました。

スイスの伝統的な家にグラファイトブラックのUSMハラーサイドボード

古いものと新しいものを相互に調和させること再設計のテーマでした。ある部屋では、Vitalはオリジナルの木製床板を改装しました。他の部屋では照明効果を改善し、現代的な感覚を導入するために白のエポキシ塗装を導入しました。彼は家具の選択においても同様に、何世紀にもわたる洗練された伝統家具と合わせて現代的なシックさをもたらしました。

USMハラーは、普遍的なモダンデザインのアイコンとして、家具の選定のベースとなりました。USMハラーのスティールパネルは、周囲の木や石の素朴な雰囲気とうまく調和し、ガラスや金属製の手すりや照明器具などもモダンな雰囲気を添えました。ロフトに置かれたオレンジ色のUSMハラーのサイドボードは、空間に暖かさをもたらし、1階にあるグラファイトブラックのUSMハラーの家具は、純白の石壁に美しく映えています。USMの他に、ル・コルビジェの椅子、インゴ・マウラーのテーブルランプ、ポール・ヘニングセンのシーリングライトなどのモダンクラシックデザインのインテリアでコーディネーションされています。

クラシカルな背景にUSMサイドボードを配したモダンなインテリアデザイン

500年前の家でも新しい現代の家でも、USMハラーで空間に合わせた家具をデザインできます。USMの専門スタッフもしくは正規販売代理店にご相談ください。人気のある定型品は、公式オンラインショップで購入することができます。