Precision for a cult object

アレクサンダー・ゲヒター邸、チューリヒ(スイス)

ブランドの創案には、システマティックな分析と建設的な思考が不可欠です。三次元をこよなく愛するビジュアルクリエーターであるアレクサンダー・ゲヒター氏は、この特殊な収納ユニットを自らデザインしました。収納ユニットは幅3m、壁の一面に堂々と佇んでいます。自宅は、1920年代に建設されたかつての家族向け集合住宅。ゲヒター氏がモジュールを駆使して作り上げたのは、この心地よい空間にも数々の愛蔵品にもしっくりと馴染む美しい収納ユニットでした。彼がいかに細部にまでこだわってデザインをしたかは、ご覧の通りです。例えば、お気に入りの40年物の「グルンディッヒ社のスタジオ2000HiFi」は、奥行きぴったりの最高のスペースを獲得しました。さらに、ゲヒター氏の当初の予定では、所有するCDをスタイリッシュに収納するはずでしたが、残念ながら今では納まりきらないCDがすでにかなりあるようです...。ゲヒター氏の模索は、まだまだ続くことでしょう。

このコンテンツをシェアする
  • Share on Google+
  • Pinterest
  • Twitter
  • Facebook
  • E-Mail

USM Newsletter

USMの最新情報をお届けします

Bitte überprüfen Sie die Emailadresse

Bitte treffen Sie eine Auswahl

必要情報をご記入の上、送付ください。個人情報保護方針*を確認した上で同意します。*

Die Anmeldung konnte leider nicht durchgeführt werden. Bitte prüfen Sie Ihre Internetverbindung und/oder versuchen Sie es später erneut.

We are glad you subscribed.

You also find us on the following networks.

閉じる