生産性の高いワークスペースの作り方

成功するビジネスは、十分に支援されているチームから始まります。従業員を支援するということは、単に、必要なときに支援するだけでなく、 彼らが活躍できる環境を提供するという意味でもあります。


このような環境を提供する上での、いくつかの原則は普遍的です:一人一人が作業できる場所と所有物をしまえる十分なスペースを持ち、そして一日を通して使用する資料を簡単に入手できるようでなくてはなりません。オフィス環境が妨げとなることなく、同僚と効果的に共同作業を行えるべきです。


 


 

オープンプランオフィスに黒のUSMハラーデスクとデスクエンド収納

現代社会において、私たちは、従業員がサポートされ、生産的で満足していると感じられるよう、さらに踏み込んだ手助けを提供できる新しい可能性に気付いています。アジャイル労働の実践の下で、私たちは、ワークスペースと就業日の両方がかつてないほどの協調と多様性に向けて開放されるような、環境の価値を認識し始めています。これにより、オープンオフィス、ホットデスキング、デスク共有、そして集中できる静かなエリア、作業環境とリフレッシュスペースが組み合わさった「第3のスペース」を含めた多様なワークスペースなど、新しい時代を招きました。


個々のビジネスがユニークであるように、雇用される個人もユニークです。活発な職場環境を作るための、唯一のソリューションなどありません。それがどのようなものであれ、あなたの職場に最適なアジャイル環境を作り出すことができます。USMの家具を使えば、必要なものはそれをうまくいかすためのインスピレーションだけです。

黒のUSMハラーテーブルと座席付きの赤い収納を配置したオフィスのリフレッシュエリア

共同作業用ベンチ


最も活発な職場環境の中心となるものは、オープンオフィス用のデスクシリーズです。デスクの周りにできるだけ多くのスペースを残して、オープンで協調的な雰囲気を作りましょう ‐ しかし機能性、特に文房具、ファイル、所持品などの収納に必要なストレージは犠牲にしないように注意してください。これには、USMハラーテーブルのとなりに設置する多機能なシステム収納が備え付けられた、長さ3メートルのUSMハラーテーブルが理想的です。ランプ、USB、フラットスクリーンサポートバーなどのさまざまなアクセサリーを簡単に取り付けられるように、デスクの表面にアクセスポイントを設けましょう。将来いつでもデスク並びを再構成できるようにすることで、変化するニーズやプロジェクトに対応できます。ゴールデンイエローは、創造的な雰囲気を醸し出します。


共有ワークステーション


USMキトステーブルを使って組み立てられた個別のワークステーションは、チームメンバーがばらばらになることなく、それでいて個々のスペースを作ることができます。この構成はデスク共有やホットデスキングに最適で、各作業者は必要に応じてデスクの高さを設定できます。USMプライバシーパネルをデスク上に備え付けることで、一定のプライバシーが保てます。

イエローのUSMハラー共有ワークステーションを配した革新的なオフィスデザインレイアウト

コラボレーションハブ


従来の会議室には依然としてそれなりの存在意義がありますが、自由度のより高いコラボレーションハブは創造的思考と迅速な意思決定を可能にします。この目的において、USMハラーテーブルは正方形の会議テーブルにぴったりの組み合わせです。周りのUSMハラーは、広々とした収納スペースと丈夫な座席としての二重の役割を果たし、いかなる規模のミーティングにも対応しています。ミーティングが予定されていないときは、スペースは静かな休憩エリアとして機能します。変更が必要なときは、組み替えてください。 

USMハラープライバシーパネルを備えたデスクシェアリングの高さ調節式ワークステーション

あなたの職場やビジネスのニーズにぴったり合った活発な職場環境をデザインしましょう。USMの専門スタッフもしくは正規販売代理店がお手伝いいたしますので、お気軽にお問い合わせください