USMハラーは、美術品とオフィス家具という二重の役割を果たします。

数十年前チューリッヒの美術館では、スイスのデザイン史にUSMが貢献したことを評価して、USMハラーが芸術作品としてコレクションに含まれていました。

美術館は、チューリッヒの最も象徴的な建物の1つに移転したとき、はるかに広いスペースに恵まれました ‐ その建物とは、トニ・アレアルという改装されたかつての酪農工場です。美術館の歴史において初めて、50万冊近くのデザインオブジェクトに関する保存記録選集をすべて同じ建物内に保管できるだけ十分なスペースを持ちました。さらに3つの新しい展示ホール、売店、追加の事務所を創設することもできました。すべての追加スペースにおいて、オフィスの収納ニーズを満たすと同時に、個々のコレクション用のオフィスでの様々な展示に関するニーズを満たす家具が要求されました。ソリューションは明らかでした: それは長年に渡って展示の一部であったUSMハラーです。

チューリッヒデザイン美術館に採用されたモダンクラシックなUSMハラー
「長持ちする、機能的なシステムと革新的な企業文化は大変素晴らしいです。」
-美術館のコラボレーション・コレクション部門担当、ローマン・エーベルソールド

チューリッヒ芸術大学、レコーディングスタジオ、映画館などのクリエイティブハブにあるオフィスにふさわしいオープンで創造的な雰囲気を保つと同時に、トニ・アレアルの複合施設の工業的な特徴を維持することは、リフォームを担当する建築家やデザイナーにとって不可欠でした。これには、ピュアホワイトとスティールブルーのUSMハラーのシェルフにパールグレーラミネートのUSMハラーテーブル を並べるのが理想的でした。インダストリアルな雰囲気は保たれていますが、柔軟なオフィスレイアウトと美術館の目まぐるしく変化するニーズへの独創的な対応を可能にするために、永久的にモダンで再構成可能なままになっています。

USMハラーのファイリングキャビネットとワークステーションを設置したオープンプランの工業用オフィス

一方、新しい管理室用のストレージソリューションは、さらに住宅に近づいてきました: そのソリューションとは、数年前から元の建物ですでに使用されていたミッドグレーのUSMハラーのシェルフです。美術館のコラボレーション・コレクション部門の責任者であるローマン・エーベルソールドは、それらが「まるで新品のように見え、今もなお完璧に機能している」ことを確認して喜びました。

オープンプランの未ジュール式オフィスにグレーのUSMハラーサイドボードとシェルフ

結果として、美術館はUSMハラーの相補的な二重の効力を称賛しました: それは、美術館の崇高な作品と非常に実用性の高い商業用ストレージソリューションです。

USMハラーシステムを採用したモダンなライブラリーシェルフ

USMを使用して、オフィスや展示会環境に大きな変化をもたらしましょう‐ オリジナルデザインのご相談には、USMの専門スタッフもしくは正規販売代理店にお気軽にお問い合わせくださいお急ぎの場合は、オンラインショップから簡単に定型品をご注文することもできます。