ビル 2226:未来のプロトタイプ

建築家は長い間、自らの未来に対する義務を理解してきました。建物には永続性があり、若い世代とその次の世代の利益について考慮する必要があります。Baumschlager Eberle Architektenという会社の共同設立者である建築家、ディートマー・エベルはこれを「未来と発言権のない人々に対する建築家としての責任」と呼んでいます。この責任は、エベルにとって、生活に対する一対の義務と結びついています。

黒のモジュール式USMハラー家具を設置した革新的な2226ビル

エベルの会社は、自社の建物を設計する際、このような考え方を極限まで押し上げる、またとない機会に恵まれました。それを自分たちのアイデアに基づいて、未来のための建物の試作を作るチャンスと見なしました。デザインと建築の未来、先進的な材料やツールに関する建築家の野心的な概念を取り入れた結果、最先端の現在とまるでサイエンス・フィクションのような未来が共存した、実験的な最高傑作が出来上がりました。

黒のUSMハラーテーブルを設置した2226ビルの最先端の会議室

温度を自動的に22度と26度の間に維持できる能力(ゴルディロックスゾーン[宇宙における居住可能領域]の室内温度 )にちなんで、建物はモニカ2226と名付けられました ‐ また一方で、この名前は、近未来を連想させるものでもあります。あなたが感じる近未来は、建物が描くビジョンによく似ているかもしれません。

2226ビルにUSMハラーの家具

未来をデザインする

建物とは、その建築家による非現実的な考えの結果ではありません。むしろ、すべての決断は2つの問いによって導かれます。第一に、自然を技術環境に置き換えることなく、居住者にとっての実用性をどのように生み出すか?次に、どのようにしてより少ないエネルギーで、さらなる快適性を実現できるのか?

建物の形は、精度と創意工夫で主要な機能を実行することに焦点を当てた結果として生まれます。パワフルでどこか平凡ですらあるその白い立方体は、暖房装置、換気または空調システムを全く使用せず、費用やエネルギーを節約し、標準的なメンテナンス費用を大幅に削減する建物を建築するという決断の結果です。標準システムの代わりに、建物は、コンピュータによって生成された熱のためのストレージ集合体として、その巨大な構造を使用します ‐ 建物の外骨格は、2つの結合したレンガの壁から構成され、それぞれの壁の厚さは38センチです。この実用的で、歴史的ですらあるアプローチも、超近代的なアプローチと組み合わされています: 窓に一体化された狭い開口部を開閉するセンサーを介して、屋内のエネルギーの流れを制御する、新しく開発されたのソフトウェアを使って熱を調節します。

モダンな2226ビルにUSMハラーテーブル

この空調システムに注目すると、建物の内部設計が、最初からこの作品の中心的な部分であることが明らかになります。そのため、どのような家具を使うのかを前もって知ることは、非常に重要でした。何十年にもわたるUSMの愛用者として、彼らはすでにUSMハラーの15年間ものアスターサービスを受けうづけていました。これらの家具は、すべての基準となりました: 建築家は、プロジェクトのために依頼された追加パーツの正確なサイズを使用しました。彼らは、人と情報の流れを管理するために家具の配置を利用し、それが必ず建物の基本原則と一致するように、オフィスのレイアウトを慎重に計画しました。

モダンなオフィスにUSMハラーの黒の家具

USMと建築家とのパートナーシップは、今後も長く続いていくでしょう。


デザインの現在と未来に関する最新の専門家の考察については、ソート・リーダーシップをご覧ください。オーダーメイドのUSMがどのように職場を変えることができるかについては、今すぐお気軽にお問合せください