成長するための環境:中小企業向けオフィスデザイン

全従業員が会社の成功に欠かせない人材ですが、オフィスデザインに関して、最も重要な必要条件とは、全従業員が業績をあげることができる環境を作ることです。

customised yellow furniture for small to medium sized businesses

それは、快適さを感じさせるワークステーションを各自に提供すること、そして生産性を促す全体的なオフィス環境を作り出すことの両方を意味します。このようなデザインを導く原則とは、従業員のニーズに耳を傾けること、またそれに対応した環境を構築することから始まります。USMモジュラーファニチャーを使用することで、各従業員またはオフィスエリアごとにオーダーメイドの家具をデザインし、ビジネスのニーズが時間と共に変化する場合でも簡単にそのニーズに適応することができます。

open plan workplace with USM Haller tables and yellow sideboards

すべての中小企業が夢のオフィス環境を構築するのに十分なスペースを持っているわけではありません ‐ こういった場合、実際に利用可能なスペースを最大限に活用する必要があります。これには創造的な発想が必要とされます: 例えば、各従業員が押し詰められているように感じることなく、利用できるスペースを最大限に活用する方法で、家具を使ってスペースを分割するのです。このために、ストレージと部屋仕切りの両方の役割を果たす家具をデザインします。

マスタークラス:成長するコンサルタント会社

2011年に設立されたブティックコンサルティング会社、eMERGE Invest Consult GmbHは、2014年に自社の敷地に移転するチャンスを得ました。オーストリア、リンツにある4階建ての建物すべてを使用できるのです。新しいスペースは貴重な機会をもたらしました: それは、同社の現在と未来に関するオーナーのアイデアを反映させるために、会社のオフィス環境をゼロから再構築し、新しい本部を改装するという機会です。

orange USM Haller bookcase for small to medium sized business

インテリアデザイナーのサイモン・ラダーの協力による、オフィス設計に関する同社の決断を導いた原則は、シンプルなものでした: すべての従業員が能力を最大限に発揮でき、役割を果せるよう支援する環境を提供することです。この原則は、貴重な投資の大きなステップにつながりました: 一人一人に積極的に、自分自身のワークステーション作りに参加してもらうのです。働く環境を自分自身で作ることができるということは、必要なツールだけでなく、自分の意見を雇用者に聞いてもらっているという感触を各自に与えます。

「最終的には、従業員が仕事をうまく行うのに役立つ環境を作ることなのです。」
- eMERGE Invest Consult、ローランド・プフーグル

このような個別のカスタマイズ性を備えたデスクには、唯一の選択肢がありました: それは、さまざまなアクセサリーを追加したUSMハラーテーブルです。ワークステーションは、4つのデスクセットに分けられており、プロジェクトによっては、チームメンバーを集めて情報チャネルを短くする必要があるので、デスクは簡単に移動できるようになっています。

USM Haller private office furniture in grey

ワークステーションの隣に配置されているのは、USMハラーのユニットです。デスクの洗練された黒と鮮やかな対照をなす、ゴールデンイエローの収納は、各デスク間をきちんと分割し、それぞれに明確に区切られたスペースを与えます。さらに、頻繁に使用される文書をすばやくしまうためのデスク間のオープンシェルフ、長期保存のファイル用のデスクの引き出し、最新の業界刊行物を展示するマガジンラックなど、個人およびビジネス全体が必要とするすべてのストレージを提供します。その他のUSMハラーのユニットは、注目度抜群のオレンジから控えめなグレーまでさまざまなカラーを選びました。



オフィスのためのオリジナルの家具をUSMでデザインしましょう。 デザインのご相談やご注文、または何かご質問があれば、USMの専門スタッフもしくは正規販売代理店にお気軽にお問い合わせください