大工の力を借りずにオフィスに部屋を作るには

現代のオープンオフィス全盛の時代では、効果的なゾーニングの実施がこれまで以上に重要です。オープン性はコラボレーションとイノベーションには不可欠になっていますが、多くの企業にとっては、オフィスのさまざまなエリアを視覚的に区別し、騒音の拡散を制限し、訪問者のためにスペースを分割できるようにするためにも重要です。オープンさとエリア分けの上手なバランスはどうやって見つけ出すのか、といった点は難問の様に思われがちです。 絶対的な答えはありません。適切なバランスは各ビジネスごとに異なり、多くの要因に依存するものです。ワークスペースの物理的な特性から、オフィスの全体的なフィーリングに関する高いレベルの設計までバランスを正しく取るには、まず、これらの要因について慎重かつクリエイティブに考える必要があります。


 

オフィスのエリア分け - 利用可能なリソース

最もオープンなスペースであっても、支柱や露出した梁などの自然な区画ポイントとなる既存の特徴を持つことがよくあります。実際に意図しているかどうかにかかわらず、オフィス家具もすべてエリア分けのはたらきを持ちます。デスクや会議テーブル、ソファの並びはすべて、人やアイデアの流れに影響を与えます。その結果、これらの家具はすべて、うまくゾーニングされた環境を作り出すのに役立ちます。コラボレーションを促進する形にデスクをアレンジし、チームメンバーが簡単にアクセスできる場所にリフレッシュエリアなどのコラボレーションハブを配置しながら、チーム内およびチーム間の知識共有を最大限にするための座席の並びを考案するようにします。


あらゆる形やサイズのUSMハラーは、この役割を果たすことができます。腰の高さのサイドボードは視界を制限することなく、オフィス内の動線を適度に制御します。天井までの高さがある家具は、オープンもしくはガラスのユニットを含めることでオープン性を維持しながらゾーニングすることができます。もしくは、USMプライバシーパネルを使用して、オフィス内のどこにでも必要に応じて速やかに移動出来る、丈夫で独立したパーティションを活用する方法もあります。

モダンなオフィスに収納キャビネットを備えたオレンジとクロームのUSMハラーパーティション

考慮点:移動

ルームディバイダーによって、職場での人やアイデアの流れをコントロールし、コラボレーションの実施とその効率を最大限に高めることができます。オフィス周りで動きが滞る狭いエリアをなくし、スムーズに会議室へ続く動線を作り、会議エリア自体も自然な雰囲気の堅苦しくないデザインに仕上げましょう。スペースが重視されるオフィスでは、ルームディバイダーを使用することでむしろより多くのスペースがあるように感じさせることさえできます。USMハラーで構築された仕切りは、壁や箱型のパーティションよりも恒久性が低く、移動が簡単でありながら、狭かったり使いづらいスペースを最大限に活用するためにも使用できます。

モダンなオフィスにUSMハラーのイエローメタルの本棚付きサイドボード

考慮点:アイデンティティとスタイル

大企業では、オフィスのさまざまなチームやエリアにユニークな視覚的アイデンティティを提供することは非常に有益になりえます。これは、新しい従業員や訪問者が行き先を見つけたり、見た目における違いを作り出すのに役立つほか、チームアイデンティティの形成や構築の助けになることもあります。各ユニットにオリジナリティを与えるだけでなく、各チームのカラーを設定して独自のイメージを与えることができます。

ロビーにファイリングドロワーを備えたUSMハラーのホワイトメタルのパーティション

考慮点:雑音

大きな家具を使用してチーム間の雑音の流れを制限し、受付エリアでのおしゃべりの雑音を最小限に抑え、より静かなリフレッシュエリアを作り出しましょう。USMプライバシーパネルには雑音を低減させるポリエステルのフリース素材を利用しており、胸の高さの仕切りで音の流れを制限、もしくは天井までの高さにしてほぼ完全に音響制御することも出来ます。USMハラーもこの用途には適しています。アコースティックパネルを選んで音響制御を最大限にしましょう。


USMハラーを利用してルームディバイダーをデザインすることができます。公式ホームページ上の3D作図ソフトコンフィギュレーターを使用する、またはUSMの専門スタッフもしくは正規販売代理店にご連絡ください。オンラインショップから人気の形の定型品を購入することもできます。

工業スタイルのオフィスに収納キャビネットを置いたUSMハラーのゴールデンイエローのパーティション