デザイナーデスク収納

仕事をするための適切なツールや、集中するための個人の空間を持っていることは、信頼とサポートを得ているチームメンバーということを実感する上で重要な要素です。その結果、従業員に適切な収納を持った個別のワークステーションを提供することは価値ある投資だと言えます。

チームとオフィスにぴったりのデスク収納を提供するために最初に気を付ける点は、従業員のニーズが何であるかを明確にすることです。次に、そのニーズを個人とチーム全体に利益をもたらすような形で提供する最良の方法について、慎重に考える必要があります。選択肢はいくつかありますが、デスク自体にケーブルトレーが内蔵されていたり、デスク下やワークステーション脇に収納を配置したり位置、もしくは本棚やサイドボード型としてまとめられた収納など、アイテムの数によって決定します。

貴重品用の収納トレイを組み込んだ黒のUSMハラーデスク

内蔵式のデスク収納

各ワークステーションに内蔵されたさりげない収納は、従業員が仕事をするにあたってサポートと準備がされていると実感させる事ができます。デスクの下側にある目立たないマテリアルトレイを取り付け、筆記用具、文房具、個人の所有物や仕事上で必要となる特定の道具などの安全な収納として活用できます。

ファイリングキャビネットとシェルフを備えたグリーンのUSMハラーデスク収納

デスク脇収納

デスク脇の収納は、同時に多数の機能を果たすことができます。デスクや一並びのデスクの横に設置することで個人用の収納を提供し、適切なデザインによってその他のファイルや会社全体用のアイテムの収納にも十分なスペースを持つことができます。目的に応じて、これらの機能にUSMハラーの異なるオプションを組み合わせます。例えば、下側にはオープンシェルフのセクションを設置し、上側には鍵付きの引き出しを設置するなどです。

収納アイテムを備えたUSMハラーグラファイトブラックのワークステーション

デザイン面では、デスク脇収納をデスク自体の視覚モチーフにブレンドさせるか、2つの要素を対照的にして仕上げるかを選ぶことができます。前者はオフィス環境に均一な雰囲気を与えることができます。黒とグレーはその雰囲気を控えめで伝統的に保つことができます。後者のアプローチでは、緑、赤、黄のような大胆なカラーで環境に独特のパーソナリティーを取り入れることができます。また、異なるカラーを用いた家具を各チームやオフィスエリアに採用することで、スペースを区画分けしながらチームにユニークなビジュアル面でのアイデンティティを与えることにつながります。

鍵付きドロワーを備えた黒のUSMハラーオフィスデスク家具

デスク下の収納

デスク下の収納ユニットは、各個人により多くの収納スペースを提供できます。ここでもまた、個人のニーズに合わせてカスタマイズするチャンスがあります。ファイル収納の必要性が高い人には、ファイリング用にカスタマイズされた2つの深いドロワー付きのワゴンを採用してください。多くのツールと各種ケーブルを使う人には、整理効果を最大限にするために内部仕切りの付いたワゴンが便利です。カラーは、好みやコーポレートアイデンティティーによって選んでください。遊び心がありながらスタイリッシュなオプションとしては、それぞれのユーザーにカラフルなカラーを選ぶのもいいでしょう。


USMハラーを利用してオフィス全体をオリジナルのデザインすることができます。 詳しくはご相談ください公式ホームページ上の3D作図ソフト『コンフィギュレーター』を使用して自分の家具をデザインしたり、オンラインショップで人気の形の定型品を注文することができます。