展示のすべて: 美術館のディスプレイケース

オルセー美術館はフランスの芸術にとっての神殿です。ヨーロッパで最も人気のある美術館の一つで、18世紀後半から19世紀初頭の傑作の中でも、世界で最も大きな印象派の作品集があります。

パリのセーヌ川左岸にある旧ガレージ・オルセー駅にある広大な金属製の建物は、もともと1900年の世界博覧会のためにギュスターヴ・エッフェルによって建てられました。1986年に美術館として再オープンして以来、ルノワール、ゴッホ、ゴーギャンと並んで、もう一つの素晴らしいコレクションが展示されています: それは、豊富なUSM ハラーです。エレガントな受付エリアから洗練された管理事務室まで美術館全体にわたって、USMハラーは、頑丈なスティール構造、独創的なデザイン、クリーンでシンプルなスタイルなど、建物の物理的特徴の一部を共有しています。

黒のモダンなUSMハラーデスクエンドオフィス家具
「ここでは、すべてが常に変化しています。家具はほぼ毎日交換しなければいけませんが、[USMハラー]の組み替えは数時間しかかかりません。」

- オルセー美術館ロジスティックスマネージャー、キャサリン・ボニー

美術館のUSMハラーのボリュームは、実に驚くべきものです。数千の独立した部品を収納するため、美術館には、USM製品を専門とする社内技術部門があります。いつでもUSMを組み替える準備ができており、新しい収納とディスプレイの必要条件に対応できます。20年にわたりUSMを扱ってきたベテランのパトリス・ブグラス率いるチームは、チューブ、コネクター、パネル、ドア、その他のUSM部品の保管について徹底的に調査し、完全にオリジナルのソリューションを迅速に組み立てることができます。美術館は、スタイル、耐久性、柔軟性に対する高い基準を満たすことのできるチームをいつも頼りにしています。

USMハラーのモジュール式受付デスク家具

現在の受付デスクはUSMハラーを使用してます。スティールブルーの家具は、丈夫で強固ですが簡素ではなく、芸術的で壮大な雰囲気、華やかなアーチや大理石の床に映えています。

白のデスクおよび収納キャビネットを備えたUSMハラープライベートオフィス家具

新たな展覧会、改装、そして様々な理由による継続的な再設計と再構成のため、美術館の環境はおそらく他のいかなる環境よりも常に変化しています。この観点において、美術館で長く使用されていること以上にUSMの多用途性を証明するものはありません。常に変化する環境の中で、USMはある意味第二の顔となっており、何らかの変更が行われた場合でも、環境に見事に(同時に常に美しく)溶け込みます。


展覧会といった環境下でUSMハラーを使用することの詳細については、こちらをご覧ください。


大小関わらず、美術館やギャラリーのためのソリューションをお探しの際は、USMの専門スタッフもしくは正規販売代理店にお気軽にお問い合わせください