クラシックなデザインの研究

 武蔵野美術大学は、アートとデザインの分野における主導的な存在として世界的に有名です。大学の建物は、もともと1967年に芦原義信により建築され、1974年に彼の有名な教え子である保坂陽一郎によって増築されました。


大理石の床と高さ10メートルの白い壁がある、大学の立派なエントランスホールは、常設展示に最適な場所です。では、展示用の家具としてはどのようなものが最適でしょうか?USMハラーのガラスショーケースは、立派なホールに引けを取らない十分な際立ち、ディスプレイするオブジェクトを美しく展示するのに十分なエレガントさ、そして常設展示の変更に適応するのに十分な汎用性を備えています。


武蔵野美術大学のショーケースにヒントに、公式ホームページ上の3D作図ソフト『コンフィギュレーターを使用して、ご自分でも美術館またはギャラリーのディスプレイユニットをデザインすることができます。または、オンラインショップにて定型品を購入することもできます。USMモジュラーファニチャーの可能性について、USMの専門スタッフにお気軽にお問い合わせください