美術館のストレージのマスタークラス

世界で最も素晴らしい美術館でも、館内のショップ、カフェ、レストランのために、収納および展示ユニットは必要でしょう。それらの家具には、二重の役割を果たすという難しい課題があります:美術館の高級で、ハイアートなイメージを損なうことなく、実際の販売における実用的な要件を満たさなければなりません。

USMハラーのモダンな白のディスプレイキャビネットを設置したルーブルレンズ美術館

この課題を満足させる製品: それは、USMハラーです。高品質の材料から精巧に作られたUSMハラーは、ラグジュアリーな環境にふさわしいストレージおよびディスプレイを実現します。何度も組替え可能なモジュール式のシステムは、美術館およびギャラリーの常に変わる要件に適応します: 標準パーツを組み合わせて作るUSMハラーの家具は、数時間で組み替え - または完全に分解して再構築することが可能で、学芸員やギャラリーのスタッフが新しい展示品のために最適な展示環境をすばやく構成し、新しいコレクションのために全体の新しい展示システムを設計することを可能にします。

美術館のギフトショップに設置したUSMハラーの白のディスプレイキャビネットとシェルフ

マスタークラス 1: ルーヴル美術館ランス別館(ルーヴル‐ランス)

ルーヴルは、おそらく世界で一番有名な美術館です。このため、ルーヴル美術館の常設コレクションからの作品が展示されているルーヴル美術館-ランス別館が2012年、フランス北部に開館した際、大きな期待がよせられました。建築学的には、ルーブル‐ランスは、モダンなガラスとスチールに覆われた、オリジナルの美術館に敬意を表したものですが、円形のモチーフによってその個性を際立たせています。美を「簡潔ではあるが荒々しくはない」と表明する日本のスタジオSANAA(サナア)によって設計され、その建物は、Équerre d'argent(銀の定規賞)というフランスの権威ある建築の賞を獲得しました。

「USMの家具は、その流動性、軽さ、モジュール性、そして建物の構造を反映したガラスとスティールによって私たちのショップがもとめる仕様に適合しました。」

- カテリーヌ・フェラー、ルーブル‐ランス総支配

簡潔ではあるが荒々しくはない ということは、USM自体のもつ美を明らかにするには良いスタートとなるでしょう。したがって USMの家具は美術館のショップとレストランのために賢明な選択でした。ショップでは、USM ハラーはライトグレーに仕上げられ、ガラスは精密に、特定の要件に適合するように特注で作られています: 大きな、開架式のシェルフを構成する仕切りには販売用のオブジェクトが入り、ロック可能なドロワーと閉じられたガラスの箱にはもっと高価なアイテムが展示されています。クロムとガラスによる仕上げは、建物の構造を美しく補完し、その一方、長方形の直線のエッジは、建物の円形の構造に対して対照的な印象をもたらしています。

近くの、シェフのマルク・ムランのギャラリーのレストランでも、卓越した USMハラーが主役となっています。ゴールデンイエローで仕上げて、それ以外は抑えた色のパレットの中で、そのユニットはレストランのダイニングホールの中央に堂々と立っており、レストランの静かな雰囲気を損なうことなく目を引く存在になっています。ユニットの4面すべてにアクセスできるので、この家具はさまざまな用途を組み込んでおり、同時に個性的でもあります。それは、形と機能の完璧な結合です。

マスタークラス 2: ラスコー壁画芸術国際センター

ユネスコ世界遺産の場所である、フランス、ドルドーニュ県のラスコー洞窟は、20世紀の最も有名な考古学的発見の一つです。有史以前の芸術の大きなコレクションを収蔵し、「先史時代のシスティーナ礼拝堂」として知られています。壁画国際センターは、ビジターに完全な洞窟の複製の夢中になる体験を提供し、ビジターが芸術をすぐ近くで経験することを可能にしています。ラスコーの丘の下に位置し、建築家スノヘッタとカッソン・マン、およびSRAによって設計された、 半地下の建物は、丘の自然の岩の形態を組み込んでおり、ホームと呼ばれ、訪問者に思い出以上のものを持って帰る機会を与えるギフトショップを併設しています。

ショップに家具を配置する場合の課題となったのは、センターの先史時代の芸術がしみ込んだ美を損なうことなく、オープンで人を引き付ける雰囲気を作り出すことでした。デザイナーは、この目的のために USMハラー を選択しました: 陳列する製品にはきれいで現代的な設定が施されていますが、高い品質が施設のごつごつした石壁やフローリングを引き立てています。ニュートラルなホワイトに仕上げたことによって、商品を引き立て、それぞれの製品の個性を主張させます。異なるサイズのさまざまなシェルフ、ガラスの展示ケース、ドロワー、ハンギングレールによって、各商品が、確実に最適な場所に展示されるようになっています。作り付けの家具とキャスターのついたユニットを組み合わせることによって、スペースに柔軟性がもたらされ、システムのモジュール機能によって、さらに適応能力が拡大しています。それによって、新しい収納と展示が必要になった場合は再構成することができます。

モジュール式ディスプレイキャビネットを備えたUSMハラーの白い美術館用シェルフ

受付けのエリアとオフィスにも、USMの家具が配置されています。ショップのピュアホワイトとは対照的に、これらの家具はピュアオレンジの仕上げで、周囲に暖かい雰囲気をもたらしています。オフィスのニーズについては、機能性も大きく異なります。たくさん収納できるドロワーの上には、オフィスで最も頻繁に必要となる文書や文房具のための一連のオープンシェルフが配置されています。


USMハラーを使って、お客様ご自身のユニークな収納およびディスプレイシェルフをデザインしていただく際は、USMの専門スタッフもしくは正規販売代理店にご連絡ください