USMの沿革

1961年に社内用に開発されたモジュラーシステムは、すぐにUSMのメイン商材となりました。USMモジュラーファニチャーは現在もスイスのミュンジンゲンで生産されています。

1885

創業者のウルリッヒ・シェアラーが、スイスのベルン近郊にあるミュンジンゲンで鋳物・錠前業を始める。

1961

3代目経営者ポール・シェアラーが、スイスの建築家フリッツ・ハラーに、新工場とオフィス別館の設計を依頼。自身のアイデアとビジョンをハラーとともに具現化し、フレキシブルな鉄骨モジュラー建築システムを開発、建設する。

1963

ポール・シェアラーとフリッツ・ハラーがフレキシブルな建設システムを応用して、USMモジュラーファニチャーを共同開発。

1965

ポール・シェアラーが設計したUSMハラーの基本部品である、ボール状のパーツを使ったコネクターを特許申請。

1969

USMハラーの生産・販売を開始。大型案件の第1号となる、パリのロスチャイルド銀行のプロジェクトを受注。

1975

ドイツのバーデンバーデン近郊にあるビュールに現地法人を設立。

1988

USMキトステーブル ブラック オーク材ベニヤ

1989

USMディスプレイ並びにUSMキトスの販売を開始。

1993

4代目経営者にポール・シェアラーの息子、アレキサンダー・シェアラーが就任。

1994

パリに現地法人を設立。

1995

ニューヨークに現地法人を設立。

1998

ハンブルクに初のUSMショールームを開設。

2001

USMハラーがニューヨーク近代美術館(MoMA)の永久コレクションに加えられる。

2002

ニューヨークのソーホーにアメリカ本社とUSMショールームを開設。

2003

2003年 USMショールームがパリ(フランス)にオープン

2008

東京に現地法人を設立。USMハラーとUSMキトスが、環境基準「グリーンガード」の認証を取得。

2009

2009年 USMショールームが東京とデュッセルドルフにオープン

2013

2013年 USMショールームがミュンヘンとシュトゥットガルトにオープン

2015

USMハラー生誕50周年。

2015

イギリス、ロンドンにUSM直営の法人向けショールームがオープン

USM Newsletter

USMの最新情報をお届けします

Bitte überprüfen Sie die Emailadresse

Bitte treffen Sie eine Auswahl

必要情報をご記入の上、送付ください。個人情報保護方針*を確認した上で同意します。*

Die Anmeldung konnte leider nicht durchgeführt werden. Bitte prüfen Sie Ihre Internetverbindung und/oder versuchen Sie es später erneut.

We are glad you subscribed.

You also find us on the following networks.

閉じる